男の人

将来の費用を考えよう

積み木

不動産投資をするための投資物件を選ぶ際に、多くの人は利回りに目がいってしまっています。表面利回りや実質利回りが高いと収益力が高いと判断して購入する不動産投資経験者も数多くいます。しかし、不動産投資で成功したいのであれば、その物件の潜在的な部分もきちんと調べておかなければなりません。潜在的部分というのは、将来の修繕のことです。マンションでも1棟アパートでも、年数の経過とともに必ず劣化が起こります。この劣化自体は避けようがありません。しかし、劣化のスピードを遅くすることはできます。そのためには手入れがしっかりされているかどうかが重要になってきます。手入れには2つあります。1つが建物の手入れです。修繕をやるべき時に、きちんと修繕が実施されているかということを確認しましょう。そして、もう1つが修繕資金計画の手入れです。修繕には大きな資金を必要とします。この資金を計画的に積み立てられていなければ、修繕を計画通りに行うことができません。もしも、この2つの手入れがきちんと行われていない場合、将来、大きな負担を求められることもあり得ます。そのため、投資物件を選ぶ際には修繕についてきちんと把握しておくことが重要になってくるのです。特に修繕積立金が極端に低い物件には注意が必要です。修繕積立金の状況を不動産会社に問い合わせておきましょう。不動産投資は投資である以上、収入だけでなく支出のコントロールも重要になってくるということです。