男の人

家賃収入をきちんと得る

お金

連帯保証人が不要になる

不動産を利用して投資を行う場合、きちんと投資の結果が現れてくることが重要になります。しかしいくら審査を行ったとはいえ、知らない人が自分の所持している不動産に住みきちんと家賃を払ってくれる可能性は100%ではありません。そこで家賃債務保証を取り入れる人が増えてきています。家賃債務保証は、家を借りる時に必要となる連帯保証人を立てず、その代わりに保証会社にお金を払って保証人になってもらうという制度です。連帯保証人は部屋を借りた人が家賃を払えなくなった時などに、代わりに家賃を支払う義務が生じるものです。しかし近年では高齢化によって親に連帯保証人を頼めないという人や、親せきや友人に頭を下げるのが嫌だという人が増えてきています。そこで、家賃債務保証を行ってくれる保証会社に保証人を頼むというシステムが一般化してきています。投資をする側として家賃債務保証が優れている点は、万が一家賃が支払われなくなったとしても、その家賃は保証会社が代理で支払ってくれます。連帯保証人制度のように人と人との話し合いでスムーズに事態が進まないということもありません。保証会社が契約に従って滞納されている家賃を支払ってくれます。そして保証会社が借主にその金額を請求するという流れになっていますので、自分であれこれと支払いの督促などを行う必要がありませんし、万が一の場合でも保証会社が支払いを行ってくれるという安心感があります。